ネット上で誹謗中傷に遭った時の慰謝料

ネット上で誹謗中傷を受けた際、書き込みをした相手を訴える事を視野に入れる人もいるでしょう。
仮に慰謝料を求める場合、どのくらいの金額が発生するのでしょうか。

訴えるまでの手順ですが、まず誹謗中傷の書き込みをした相手を特定する所から始まります。

掲示板についての情報を提供しています。

実名を出して中傷する者はほとんどいませんので、個人で特定は不可能です。
なので、弁護士に依頼することになります。

プロバイダ責任制限法に基づく発信者情報開示請求を行い、匿名の投稿者の素性を突き止めます。次にサイト管理者やプロバイダ事業者に誹謗中傷書き込みの削除依頼を出します(その前にスクリーンショットを撮影しておきましょう)誹謗中傷の書き込みをした投稿者を特定したら、慰謝料の請求です。

誹謗中傷対策関する情報選びで困った時に見てほしいサイトです。

侮辱や名誉毀損、プライバシーの侵害等、精神的苦痛を受けたとして、慰謝料の請求をします。


このネット上での誹謗中傷に対する慰謝料の金額ですが、相場は数万円、高く取れたとしても20~30万円の間になります。

弁護士を雇うコストと、投稿者から取れる慰謝料の釣り合いが取れないので、特定を断念するケースも多々あります。

残念ながら100万等の金額を請求できたケースは今のところ無いのです。

しかし、どこの誰が何の目的で投稿したのかを知りたい人もいるので、そのような場合は金額が問題ではないのでしょう。
今後、ネット上での誹謗や中傷に対する法律が変わっていく可能性は高く、今後の動向を見守っていくしかありません。